早漏改善はリドカインとタダポックス

バラ

三こすり半

若い頃はネタにしていましたが、最近、真剣に悩んでいることがあります。
イクのが早すぎて困っています。
三こすり半なんて言葉もあります。
さすがに3回半じゃ射精しませんが…
それに近いものはあります。
自慢にもなりませんが、おそらく女性をイカせたこともないと思います。
どんなに頑張っても我慢できずに僕が必ず先にイッているので。
若かったころは、自分が満足していればいいやって気持ちもありましたが、歳を重ねるごとに女性をイカせることもできないのかと思うと悲しくなってきました…
鍛える方法はないかと思ったときもあります。
ですが、鍛えようと思って鍛えられる場所でもないし。
鍛えられるなら是非教えて欲しいくらいです。
これからも早漏と付き合っていくのかと思って、ネットで調べていると、早漏改善薬を発見してしまいました。
見つけただけで、救われた気持ちになりました。
改善できるかもと思い、夢中でネットにかじりついていました。
わかったことは、飲むか塗るかの二択。
塗る姿を想像したら気持ち悪くなったので、飲む方を選択しました。
ダポキセチンという治療薬で、射精したい気持ちを減退させてくれる効果があり、脳の興奮状態を鎮める効果があって、リラックスした状態にすることによって、射精までの時間を長引かせてくれるという優れもの。
しかし、もともとうつ病の人に抗うつ剤として使っていたらしく、なにやら不安になってきたが、心不全などの持病がある人や併用禁止の薬があるくらいで、副作用もほとんどないとのことだったので、少し安心しました。
さっそく注文して、これで早漏ともお別れかと思って配達されてくるのを楽しみにしていました。
気付くの遅いんですが、今彼女いないのにどうやって試すの?と思いましたが、風俗にでもいって実験してみればいいやと思い、さっそく届いた薬を飲んで風俗にいってきました。
以前の僕はほとんど風俗に行ったことがありませんでした。
理由は言わなくてもわかると思いますが…すぐにイッてしまってはただのお金の無駄遣いです…
さっそく、ヌいてもらおうと思ったら、これがなかなかイかない。
この薬のすごさを実感しました。
いつか彼女ができてたらまた使いたいと思います。