早漏改善はリドカインとタダポックス

バラ

早漏改善方法

今回は男性の悩みについてお話していきたいと思う。
悩みを克服したので、参考になればいいなと思います。
初めてセックスしたのが、二十歳のころ。
人前で、それも女の子の前で裸になるのは緊張してプレイの内容はほとんど覚えていないが、スグに射精してしまったのは、しっかりと記憶にある。
お互いに初めてだったので、セックスはこんなものかと話したのはよく覚えている。
人並みには経験人数もあり、ある子とセックスしたときに言われて気付いたことがある。
自分は早漏だ…
女性がオオガズムに達する前に、いつも私イッてしまっていた。
おそらく、ずっと女性を満足させたことはなかったんだろう…
すごく自信をなくし、セックスをすることが嫌になってしまった。
セックスしないで、1年くらいが過ぎたころ、異様に性欲がわいてきた。
でも自信ないしなと自分で葛藤していたが、結局、性欲に負け、その時の彼女とセックスをした。
相手は私がイクのが早いことに気付いていた。
また言われるのかなと思ったら、きっと治せるから一緒に治そうと言ってくれた。
すっかり自信をなくしたことを忘れ、夢中で改善策を探した。
その方法がイキそうになったらやめて、勃起が収まるまで待って、再び勃起させてイキそうになるまで、刺激することだった。
これが最初のころは結構地獄で、なんども挫折しそうになったが、一緒に治そうの言葉だけ思って、頑張ってみた。
2か月くらいが経過した頃、変化がでてきて、以前に比べて確実に射精までの時間が長くなり、彼女がオーガズムに達するまで余裕で我慢できるようになった。
ちゃんと彼女をイカせることができたときは今でも忘れることができません。
本当につらかったけど、一緒に頑張ってよかったなと今でも思います。
私の克服方法がみなさんにも使えるかは正直なところわかりませんが、試しにやってみてください。
他にも、リドカインやダポキセチンという薬などもあり、治すには有効なものです。
改善しなければならないわけではありませんが、セックスしているときに、女性を満足させず、1人だけ満足していると、きっと関係に亀裂が生じたり、女性を傷つけてしまうかもしれないので、改善することを私はおススメします。